海外移住する前に!

老後の海外移住に人気の国はココ!

philippines

高齢化社会になったことにより、老後の過ごし方に注目が集まっています。

そのような中、老後の選択肢の一つとして、海外移住を検討する人が増えています。

日本で暮らすより費用がかからず、
リッチな生活を送れるというイメージを持つ人が少なくないのです。

しかし、実際にはそのような国は多くありません。

海外移住したからといって、本当にリッチな生活ができるとは限らないのです。

それでは一体どの国なら幸せな老後を送れるのでしょうか。

老後の移住先として特に人気があるのは、マレーシアとフィリピン、タイといったアジア諸国です。

この国であれば月に10万あれば、十分に生活できます。

キャッシングのネット審査を参考にしてみてください。

まず、渡航に関する諸費用だけ準備することができれば、
あとは、年金で現地での月々の生活費と、諸費用を少しづつ返済していくのは十分可能です。

もしセキュリティに気を使わないのなら5万円以下で生活することも可能です。

日本人はお金持ちだと思われているので、
余計なトラブルを招かないようにするためにも、セキュリティは万全にした方が良いでしょう。

日本人にとっては安価な預金であっても、現地人にとっては大金なのです。

実際に暮らすにはビザが必要なのはご存知でしょう。

ロングステイが可能なビザにはいくつかの種類があります。

リタイアメントビザを利用するケースが多いですが、年金ビザを利用するケースもあります。

海外移住したら日本にも税金って納めるの?

昨今、海外転勤や留学、現地就職など様々な理由で海外移住される方が増加の一方を辿っています。

その中で海外移住の際に心得ておきたいことの一つが住民票と国民保健の事柄です。

海外に長期間で暮らす場合には海外転出届けを提出する必要があります。

届け出をしてない場合は当然日本国内で納税義務が発生し、
本人が海外にいる間も各種税金を支払う義務が生じてしまいます。

申請はごく簡単で、ご自身の住民票がある市町村役所にて手続きを行います。

もちろんのこと住民票も国民保健も一切権利がなくなってしまいますから、
一時帰国等で日本に帰ってきたときに医者にかかる場合は100%の自己負担となってしまいます。

医療保険等の不安がある場合は、
お住まいになっている国の海外旅行保険等に加入してから一時帰国することをお勧めします。

一時帰国の際に短期間でもまた住民票を移すことを許している地区もありますが、
基本的に1年以上日本に滞在することを条件に住民票や国民保健の加入を認めていますので、
短期加入は原則出来ないものと心得ておく方が良いようです。

海外移住の前に、日本国内でやっておくべきこと等をしっかり学んで手続きをし、
気持ちよく渡航するようにしましょう。

旦那の仕事で海外に住んだら妻は働けるの?

この滞在許可証を申請するには
日本国内の各国大使館にて査証(ビザ)を取得することから始まります。

労働で入国する場合は就労ビザを、留学等なら就学ビザの発給を要請。

各国大使館にて認証された各種ビザを持ち入国、
後日現地の警察機関にて滞在許可証の申請を行います。

昨今多いのが各国へ派遣される駐在員と呼ばれる社員たち。

独り身なら楽ですが、妻帯者の場合は手続きに多少時間がかかることも。

夫が正式な滞在許可証を所持するまでは
駐在員の妻は家族滞在としての滞在許可証を受けることが出来ません。

妻は正式な滞在許可証を得たのちならば、現地で働く事も可能です。

ただし各国または各企業で規制をしている場合もあるため、概要はよく確認しなければなりません。

永住権の申請は各国で異なりますが、
概ね5~10年現地の滞在許可証を正式に所持出来れば永住権を取得する権利も与えられますので、
滞在される国の法律等をよく勉強し申請するようにしましょう。

もちろん借金などがあっては移住なんてもってのほかです。

消費者金融の電話内容も簡単なので最近は借入する人が増えていますが、
移住前にはきちんと返済しておきましょうね。

海外移住するために必要な査証って?

海外移住では、移住先で生活を始めるにあたって査証(ビザ)の取得が必要となりますが、
ここで問題となるのは取得する査証の種類です。

一般的に、査証の種類は複数存在し、各種類ごとに手続きの進め方が異なっています。

そのため、計画通りに移住を開始するためには査証の種類を間違わないようにしたいものです。

取得するビザの種類を決めるにあたっては、
まず移住先でも仕事をしようと考えているかどうかが重要となります。

もし、仕事をするのであれば取得すべきビザは就労ビザになります。

就労ビザにも国によっては労働者向けのものと起業者向けのものに分けて発行していることがあり、
前者だとジョブオファーを受けた現地企業にサポートしてもらいながら取得するのが一般的です。

また、学生のうちから海外移住をする場合は、初めは学生ビザを取得し、
卒業後に日本国外の企業で働くのであれば、
その国での就労ビザの取得手続きを済ませる流れが一般的です。

移住先で就労をする予定が全く無い場合、
現地で働く配偶者と一緒に移住するのであれば配偶者ビザを、
一定の年齢以上に達していればリタイアメント査証を取得する人が多いです。

通常、これらのビザの取得者が永住権を取得するには厳しい要件を満たさなければなりませんが、
国によってはリタイアメント査証の取得者に特別に永住権を付与しているところがあります。

海外移住するときにしなきゃいけない手続きって?

海外移住をする前にやるべきことはたくさんあります。

まずはパスポート。

passport2

パスポートを持っていない場合や期限切れの場合はパスポート申請窓口にて申請します。

入国時点における残存期間が各国定められているため、
規定を確認し日数が足りない場合は切替手続きをします。

パスポートは運転免許証のように、身分証明ができる証明のひとつです。
例えば国内でこんな時にも利用できます→http://xn--68jub043qxop400an0m9xexqfg3isos.net/

海外へ行く予定があるのであれば、必ず取得しておきましょう!

パスポートを取得したら、各大使館にてビザの手続きをしましょう。

海外転出届はお住まいの地域が管轄する役所で手続きができます。

これを提出すると国民年金の強制加入義務がなくなり、国民健康保険からも外れてしまいます。

海外転出届の提出は法律で明確に定められているものではないため、
提出するか提出しないかは個人の判断となります。

国際運転免許証は運転免許センター等で申請することができます。

ただし、国により運転に関する規定が異なるため、事前に確認が必要です。

移住先から日本の家族に送金を依頼するケースもあると思いますので、
海外に送金しやすい口座開設の手続きをしておくと便利です。

大手都市銀行であれば海外送金を扱っています。

各銀行の送金手数料を比較した上で口座開設をすると良いでしょう。

オンラインアカウントを持っていると送金が非常に簡単にできます。

ここまでは移住前の手続きになりますが、移住先到着後は災害などの万が一に備え、
現地日本大使館・領事館へのすみやかな在留届の提出を忘れないようにしましょう。

Scroll To Top